インターネット上のマナーについて

インターネット上の誹謗中傷について

通信販売などをはじめ、利用するにあたり大変便利であるインターネットですが、その中でも掲示板などで匿名性をりようした悪質な誹謗中傷が目に付きます。私も情報収集のために掲示板などを利用することがあるのですが、その中で大抵の場合は誹謗中傷の書き込みが目に付きます。こちらは必要な情報のみを得たいのにも関わらず、そのような書き込みを見ただけでそのあとずっと不愉快になってしまうことが多々あります。そういった書き込みは大体別の批判的な内容の書き込みがあったりします。常軌を逸した書き込みに対して批判的な内容の書き込みがあるところまでは良いのですが、今度はまたその忠告のような書き込みに対して更に誹謗中傷の内容の書き込みがあったりするんですね。これが同一人物だと判明すればまだ良いのですが、中には同一人物かどうか分からないように書き込み時のIDを変えて書き込みをするような、自身の発言に対して責任を持たないような輩もいます。

つまり明らかにモラルに反していて常軌を逸した書き込みをしていても、インターネット初心者であるような第三者が見たような場合、そういった理不尽極まりない誹謗中傷がさも多数派のように見えてしまうのです。これは本当にみていて不愉快ですし、インターネットの問題において深刻だと思いますね。現にそれなりに被害者もいます。こういった匿名性をいいことにインターネットで無責任な誹謗中傷をする人間を見て思うことは、インターネット上でもある程度の規制のようなものが、これが普及する前から必要だったのではないかと思います。個人的には基本的に公の掲示板に書き込みを投稿する際は会員制にして、初回登録時には住所と氏名と電話番号などを必要事項として記入させるようにして、課金制度にし、書き込みをする際も一人につきひとつのハンドルネームとし、誰かを著しく傷つけるような誹謗中傷の内容の書き込みである場合は、公にその誹謗中傷をした当人の個人情報を開示するか、それなりの罰則を設けるべきだと思います。

比べてお得!

  • セレナのために作られているから使いやすさ抜群のカーナビです
  • Webでの認知度の上昇も見込めるcontent marketing
  • 勤怠管理ソリューションについて興味がある方はこちら。